くまもと心療病院看護部

ライフワーク

ここでは、当院で働いている様々な生活環境を持った先輩看護師の、“なま”の声をご紹介します

 

平成29年4月、仕事・家庭・学業を両立しながら2年間の短い期間で晴れて看護師
これから看護師を目差したいと頑張っている方々の背中を押すきっかけになればと、お母さん看護師からのメッセージを頂きました。

二足の草鞋・・・・四足の草鞋を履く

  精神療養病棟看護師 M.M   

 准看護師として20年間勤務する中で自己の知識不足を感じ、もっと看護を学び知識を深めたいと思いながらも仕事と家庭の両立に加え、学校に行く厳しさを考えると進学に踏み切れませんでした。

 

 また、金銭面でも自分に投資する余裕もなくせめて子育てが終わってからと諦めていましたが、平成28年度から熊本の通信制看護学科が募集を中止する事を知り、家族や上司に相談した結果、家族からの応援や病院からのサポートが得られるという事で進学を決心しました。

 

 心配された金銭面に関して当院は、職員のスキルアップや資格取得に対しての支援体制が充実しており、通信制の学生も奨学金制度を利用出来る事で金銭面の負担が軽減されました。

 

 通信制では、課題レポートを提出し合格後は単位認定試験を受けます。一つのレポートを仕上げるのに数週間かかる事もあり、自分の周囲に何冊もの本を広げながら書き上げました。また、放送大学での取得が必要な単位試験も並行し進めていく事は、想像以上に厳しく、仕事・家事・育児に追われる中、睡眠時間が3時間という日が続きました。

 

 4月には熊本地震に見舞われ、スケジュールが予定通りにはいかず何度も退職や留年を考えました。そんな中でも職場の上司や同僚、家族の支えにより、看護師国家試験合格という念願の夢を叶えることができました。支えていただいた方々に感謝し、また感謝できる人やそのような環境にいることをとてもありがたいと思います。

 

 学校で学んだことを今後の看護に役立て、患者様に寄り添ったケアを提供していきたいと思います。

 

現在、当院には夫婦で働いてもらっている方が8組います。その中の1人でもあり平成27年11月から育児休暇を終え現場に復帰、不規則な勤務で夫婦協力しながら仕事に子育てに頑張っている姿を紹介して頂きます

lifework04_1私は、看護師免許を取得後、関西の病院で7年の勤務を経て地元の熊本に帰り、当院に就職しました。以前勤めていた病院も精神科が主であり、患者様の基本的な対応や接遇を学び、また精神科で勤めて今までの経験を活かしたいと思い当院に就職しました。

 心療内科ならではの自分の看護師としての役割を改めて感じ取ることが出来、今では自分自身楽しく、日々学習し仕事に取り組むことが出来ていると感じています。

 

また、当院に就職後結婚、出産を経験し夫婦で当院に勤務しています。子供が生まれる前までは病棟で夜勤もしていました。しかし小さい子供が居ながらの夜勤は難しく、私自身夜勤免除をしていただき、今は外来勤務で頑張っています。

 

 当院は子育てと仕事の両立には良い環境であり、子供の行事や病気の際には休暇を頂き子供の対応に集中出来ます。それもこれも職場スタッフの理解と病院の支援があるからこそだと思います。
 

 今後も当院で様々なことを学習し自分自身成長できたらと思います。

 

 

潜在看護師歴20年、職員の紹介で入職され認知症治療病棟勤務4年目を迎えられました。現在はリーダー業務も安心して任される人財として頑張られています。3年を振り返りながらの今、未来に向けての自分を紹介して頂きます。
准看護学生時は内科医院に見習い看護師として勤務、専門学生時は准看護師として整形外科病院勤務しながら通学し、そのまま整形外科病院に看護師として5か月間の勤務後は結婚のため離職しました。嫁ぎ先は専業農家でしたので20年看護師の世界から離れていました。3年7ヶ月前に夫と死別し、息子3人の子育てと生計のため20年ぶりに看護師としてくまもと心療病院に復帰しました。
ブランクが長く、毎日が不安と緊張のあまり自分のことで精一杯で周りの状況が見えずとまどいもありました。そんな私に主任がプリセプターとして、分かりやすく1つ1つ丁寧にアドバイスを頂きました。つらくて時には涙することもありました。「私のために教えて下さる」と思えばつらくてもありがたく受けとめることができ自信と勇気を与えてくださいました。就職して4年目になりますが自宅でeーラーニングを学習したり看護系の本を購入し調べたり知識の向上のため日々努力しています。
看護師として再スタートとなり、私をサポートしてくれる上司を始め病棟スタッフの皆さんも協力的でとてもいい環境で楽しく仕事をすることが出来ています。
lifework04_1またWLB(ワークライフバランス)に対しても配慮があり、子供の行事に参加できるよう勤務を調整して頂き、息子のサッカーの試合応援や遠征に参加し思い出を作ることもできました。私生活においても子供の成長をみながら充実した日々を送る事が出来ていると思っています。
今後はくまもと心療病院で看護師として勤務していくなかでもう一つスキルアップ研修等にも積極的に参加していきたいと考えています。